blogram投票ボタン

FC2投票


ついった


ブログラム

 

訪問者数

累計
+53000Hit

最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ


カテゴリー


DATE: CATEGORY: お嫁本編
 こんばんは、すいもうです。
 ……なんか、「なろう」のPVが700突破したどころか、そのまま800に届きそうな勢いなんですが。
 うん、なにがあった?←汗
 いや、嬉しいですよ? 嬉しいけれど、この爆発はなに? いったいなにがあった←汗
 ま、まぁ、とにかく。
 今回もマヴィオさんですね。
 前半っていうか、ラスト近辺までがコメディーチック。けれどラストら辺が、うん←苦笑
 どういうことなのかは、追記にて
 では、お黄泉ください。


 異彩は、なにを見るのか~揺れる心~ 百十四話「え、いつのまにかに寝取られていました(Byヴィヴィオ」

 えっと、これはどういうことだろうか。
 うん、アインハルトさんが、断空拳ばりの一撃を私に放とうとしていた。まぁ、これはいいとしよう。だって私がやらかしてしまったのが、原因なのだから、その責任を負うのは当然だろう。だからそれは別にいい。
 そんなアインハルトさんを止めてくれたのはクレアだった。うん、お姉ちゃんのために一肌脱いでくれたと思えば、さすがは我が愛妹だった。なんだかんだでクレアは本当にお姉ちゃんっ子なんだからと言いたくなる。そう、言いたくなるのだけど、その手段が少々問題ありすぎる気がしてならない。
 なにせクレアったら、アインハルトさんの背中に回ったかと思えば、アインハルトさんの耳を舐めたうえに、アインハルトさんの豊満なお胸さまに手を添えているのだもの。しかも巧妙になのはパパたちからは見えない角度でだった。となれば、添えているだけなわけがない。私が同じ立場であれば、揉んでいるだろうから、きっとあれは揉んでいるはずだ。さすがに桃色であろう突起までは刺激していないと思うけれど。
 だが、そうであったとしても、クレアのしていることは許容できないことだ。いや、お姉ちゃんのために頑張ってくれているというのはわかるんだ。ただそれでもそれはどうかと思う。だいたい耳を舐めているというのであれば、きちんとそう言えばいい。わざわざ耳に息を吹きかけるなんて嘘を言わなくてもいいとは思う。でもその理由もわかる。だって耳を舐めるなんて、そんなフェティッシュなことをしていたら、なのはパパたちから誤解されるのは目に見えていた。だから息を吹きかけるなんて嘘を吐いたんだってことはわかる。まだそれは理解できる。許容だってぎりぎりできる。
 けれどね。どうしても許容できないことがある。なぜわざわざそんな私を挑発するような目をしているんだろうか。それじゃ、まるで「マヴィオお姉ちゃんが手を出さずにいるから、私がアインハルトお姉ちゃんにいろいろと「教えて」あげちゃったよ」とでも言うかのような。もっと言えば、「あんたの女は私が食い散らかしたから」と寝取ったかのような態度はやめていただきたい。そもそもアインハルトさんは、私の女じゃないのだから、寝取ったでもなんでもないけれどね。そう、わかっているの。わかっているけれど、その態度は本当にどうかと思うんだよね、お姉ちゃんとしてはさ。
「く、クレアさん。やめて」
「ん? なんで?」
「なんでって、そんな」
「私は、アインハルトお姉ちゃんが暴挙に出ているのを止めているだけだよ?」
 にっこりと笑いつつ、なのはパパたちからは見えないように、口角を上げて笑うクレア。ちょっと待って。なに、その小悪魔的スマイルは。しかも笑いながら、アインハルトさんのお胸さまをしっかりと揉んでいやがるし。そのうえ、念話で『アインハルトお姉ちゃんのお胸は、最高に柔らかいよねぇ。ふにふにしていて、いつまでも揉んでいたくなっちゃうよね。マヴィオお姉ちゃんもそう思うよね』とかこっちに意見を聞いてきやがるし。
 はっきりと言ってあげよう。知るか! アインハルトさんのお胸さまなんて、揉んだこともないわ。ってか揉めるなら揉みたいよ! そうはっきりと言ってあげたい。けれど、言えない。だって私はアインハルトさんの恋人でもなんでもないもの。友人のひとりにしかすぎないのに、そんな大それたことをどうして言えようか。言えるわけがない。だから、ここは黙っていようと思っていた。だが──。
「アインハルトお姉ちゃんって、お胸大きくなったよね。私も大きくなれるように、ご利益してもいい?」
 そう言って、アインハルトさんのお胸さまを、なのはパパたちでもわかるように揉み始めるクレア。ちょっと待って。アインハルトさんが許してないでしょう!? っていうか、わざとくさいわ! すでにしっかりと揉んでいるじゃないか。なのに、いま揉み始めました、みたいな態度を取るんじゃない! コラ、また念話で『本当に
アインハルトお姉ちゃんのお胸はいいよねぇ。お胸を揉みながら、「いろいろ」としてあげるとすぐに「いい声」を出してくれるもの、ねぇ』なんて語り掛けて来るな! というか、「いろいろ」ってなんだ! 「いろいろ」って。アインハルトさんに「ナニ」をしているの、クレアはさ!
『え? 教えてほしいの? いいけれど、お父さんたちの前じゃ、「アインハルト」が恥ずかしがっちゃうからなぁ』
 おい、コラ、待ちやがれ。なに、さらっとアインハルトさんを呼び捨てにしているのさ。なに、その「これはもう私の女だから」的な発言は。ちょっとお姉ちゃんとお話ししたいのかな? いいよ、やってあげようじゃないか。って、だから揉むのをやめろ! そしてそれを念話で実況するんじゃない!
『ん~? だって、「アインハルト」はもう処女じゃないもの』
 ぴしり、と時間が止まった。いまこの子はなんて言いやがった。そう思っていると、クレアははっきりと言ってくれました。
『だって、「アインハルト」の処女は私が貰っちゃったもの』
 クレアはそんな爆弾発言を、あっさりと口にしてくれるのだった……。
スポンサーサイト

テーマ : 二次創作 - ジャンル : 小説・文学

コメント

凄いですね……PV数。
今週の内に確実に1000突破しますね。
今週どころか今日明日中にも?(笑)
更新お疲れ様です。
夏アニメに地獄少女が有るみたいです。
最近ヤンデレ扱いしてしまったひゃるとさんに似た声を聞くことが出来ますが……(笑)
あれはヤンデレでは有りませんが気味の悪さが可愛いですね。
残念ながら生前に好きな男が居たようなので百合では有りませんが。 ←?
アルゴ……アルゴと言えば鼠のアルゴを思い出す私なので……勇者殿のパーティメンバーのアルゴさんの容姿はそのアルゴ繋がりでエギルみたいなおっさんを想像しました(笑)
アルゴは知りませんでしたが……成る程思いの外むさいおっさんでは無かったようですね(笑) ←失礼
関係無いですがあのラノベではユイちゃんかユウキちゃんが可愛いですね。 ←いつも通り

お姉様思いの優しい妹様……かと思いきやそこはやはり悪魔幼女様ですね(笑)
地獄少女所ではない驚異の悪魔幼女……。
胸もみより、何やらこう、耳舐め萌えますね。 ←?
この場面も是非とも柚子森さんの作者さんの画で見たくなります。 ←

もう……はっきりひゃるとさんのお胸さまを揉みたいとか言ってしまっているマヴィオさん(笑)
そこまで……そこまで思っているくせに自分の気持ちに気付いていないとか……(笑)
これは……少女漫画杜松さんに借りて恋愛の勉強する猫山さんよりも駄目駄目な……。
多分マヴィオさんが14になる頃ならコロナも無駄脂b……もとい膨らんで来ているでしょうからそれは揉みたいかと(笑)
これで揉みたいと抜かしたらただの宮藤芳か(笑)
マヴィオさんはあんな手当たり次第じゃあないですよねぇとニヤニヤしながら尋ねて欲しいですね、ミウラに。 ←しばかれるのはミウラさん
鬼過ぎですね(笑)
ミウラも男の娘みたいな容姿では無くなってマヴィオさん以外と仲良くなってくれたらなぁと思いますねぇ。
髪を伸ばしてバリアジャケットをヴィータ風に変えてくれたらちょっと変わりそうな気が……とは言えそれだと今のミウラファンが暴動ですね(笑)
男の娘でもツインエンジェルの金髪娘可愛いんですけどねぇ。 ←?
どう見ても脇役娘はおろか主役二人よりも。 ←個人の感想です

小悪魔的スマイル……。
ゲェーこれがウォーズマンスマイルに並ぶ最強凶悪な悪魔幼女スマイルじゃあー。 ←
う、嘘です、冗談です。 ←
……将来のカルディアさまの小悪魔的スマイルも見てみたくなりますね。 ←
……ベルカ時代のカルディア様も小悪魔的スマイルをお見せになられていた事有りそうですよね(笑)

クレア姉さんまた爆弾発言を……。
*女特有のリアクションなさっているひゃるとさんなのに……なにを(笑)
いや、それでもなお、マヴィオさんはこの煽りに引っ掛かっているみたいですね(笑)
まぁ、フェイトちゃんもうぶな反応見せているのでひゃるとさんもそんな感じと思い込んでしまっても仕方無いですね。
となると処*特有のリアクションだと思っていたのに……とマヴィオさん、またかわいそうなことになりそうです(笑)

では、失礼します。

Re: タイトルなし

 昨日だけで、100いっていました←苦笑
 まぁ、さすがにすぐに1000まではいかないと思いますよ。
 たぶん、そのうち失速するでしょうし。
 ありがとうございます。
 みたいですね。地獄少女またやるんだぁと思いました。
 似た声。うん、まぁ、似た声ですね←苦笑
 ああ、たしかにそんな感じですね。地獄少女の場合は。
 内容が百合推しってわけじゃないですし、仕方がないかと←笑
 あぁ、まぁ、たしかにそんな感じでもいいかもですね。
 Gガンのアルゴは、たしかおっさんって歳じゃなかったような←うろ覚え
 本当に関係ない。っていうか、読んでいたんですね、アレ←笑
 なにを仰るかと思えば←笑 あの子は悪魔幼女ですよ?←すごい説得力
 まぁ、こうさんてきには、そっちかなぁと思いました←笑
 ん~、見たいようなそうでもないような←思案顔
 言っているのに、ねぇ←苦笑
 本当にありえないレベルの鈍感です。むしろ鈍感で済ませられないレベルかな←苦笑
 確実に猫山さんより、ダメですね。さすがはマヴィオさん←しみじみ
 ああ、踏み絵的な感じでいいかもしれませんね←ヲイ
 抜かしたら、まぁ、うん←笑
 いや、それ人選があかん子です←汗
 それはそれで、暴動がありそうな←汗
 まぁ、いまのままがいいんだよという人はいるでしょうからね。
 まさかの←笑
 まぁ、個人の感想だからいいんじゃないですかね←苦笑
 ウォーズマンスマイルには並ばないですよ、さすがに←苦笑 気持ちはわかるけれど←ヲイ
 まぁ、たしかに見てみたいですね。血は争えないって感じになるでしょうが。
 そうですねぇ。あるかもしれない。けれど、うん、どうだろう←思案顔
 最近は爆弾発言が多いです←ヲイ
 まぁ、特有のリアクションをなさっているのにって感じになりますよねぇ。
 だって、マヴィオさんだもの←笑
 フェイトさんという例がいるから、むりもないんでしょうけどね。
 とりあえず、大丈夫ですから、とだけ言っておきますかね←ぶっちゃけ
 今回もコメントありがとうございます。今後も頑張ります。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 流るる、雲。 all rights reserved.Powered by FC2ブログ